天使のはねを6年間使ってみたあとの商品状態とその後の使い道

今年の3月で我が家の次男が小学校を卒業しました。

上の画像は、卒業式前日に最後のランドセル登校を撮影した画像です。

天使のはねは6年間無事に使えました

あんなに大きかったランドセルも、今では少し小さく感じるほどに成長しました。

次男のランドセルは、祖母から買ってもらった5万円くらいの「天使のはね」です。

6年間使い切った今も、全然問題なく使える状態なのはさすがセイバンのランドセルですね。

ちなみにこんな状態です。

6年間使い終わった天使のはねランドセル(かぶせ)

かぶせの部分は、ちょっとした傷などはありますが全然問題ありません。

6年間使い終わった天使のはねランドセル(肩ベルト)

肩ベルトは少しけばだっていますが、使用上は全然問題ありません。

6年間使い終わった天使のはねランドセル(大マチ)

オオマチや前ポケットの部分も痛みはなく、まだまだ使える状態です。

使っていてちょっと困ったのは、A4フラットサイズのランドセルではなかったことくらいです。

次男の入学時は、まだA4クリアファイルサイズのランドセルが主流だったので仕方ないんですけどね。

三男のA4フラットサイトのランドセルとの違いはこちら

それにしてもランドセルって丈夫ですよね。

以前に長男が使っていたニトリのランドセルは、4年生の時に肩ベルトがボロボロになって買い替えをしたんです。

そういう苦い経験もあったので、ランドセルは「耐久性が大切だな~」って本当に思います。

それにしても天使のはねは丈夫でした。

男の子なのでちょっと乱暴に扱っていたし、雨で濡れても雑巾でサッと拭くぐらいしかケアしてませんでした。

それでも6年の間に故障したり修理することはなく、最後まで問題なく使い切ることができました。

多少の劣化はあったけどよくよく見ないと分からないくらいだし、使っているうえでは何の問題もありません。

使い終わったランドセルは予備として保管します

次男のランドセルはこれでお役御免ですけど、念のため三男用のサブランドセルとしてあと3年間は保管しておくつもりです。

三男は4月からは4年生になるのですが、イオンのかるすぽを使っていて今も全然問題なく使えています。

三男が4年間使っているイオンランドセル

それでも何があるか分からないので、次男のランドセルは保険として保管しておきます。

万が一、故障してしまった場合に、改めて買うのはもったいないですからね。

役目を終えたランドセルでも、下に兄弟がいるご家庭ではサブとして新しい役目を担うことができます。

兄弟全員が小学校を卒業した時こそ、ランドセルが役目を終える時です。

その時まで次男のランドセルは納戸の中で、万が一の時に備えて待機しておいてもらいます。

それにしても次男の天使のはねは、メインランドセルとしてもまだまだ使える状態です。

ランドセル選びではデザインやカラーも大切だけど、耐久性を考慮した構造や素材であることも大切だって改めて実感しました。

途中で買い替えたりすることになったら、結構な出費になりますからね。

最後に兄弟全員がランドセルを使い終わったら、どうすればいいのでしょうか?

捨ててしまうのはちょっと待ったです。

使い終わったランドセルの活用方法

6年間使い終わったランドセルは、寄付や別の小物にリメイクすることができます。

ランドセル工業会のホームページに使い終わったランドセルの活用法が掲載されています。

また、最近では財布やパスケースなどの小物にリメイクする方も多いです。

リメイクに興味がある方は、こちらのページを参考にしてください。

使い終わったランドセルも使い方次第で、有効利用できます。

一番のオススメは、財布やパスケースなどにリメイクして、祖父母か両親にプレゼントすることです。

購入したランドセルのお礼を兼ねてプレゼントすれば、とても喜んでもらえますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人